KIJDC-K80とIJD-I50の違いの比較、価格や電気代は?
冒頭文用男性

アイリスオーヤマの「KIJDC-K80衣類乾燥除湿機」って「IJD-I50」と比較したときどういうところに違いがあるのかな?価格や使ったときの電気代も気になる!

こんな疑問にお答えします。

アイリスオーヤマのKIJDC-K80衣類乾燥除湿機は、サーキュレーターと除湿機が一体化した商品になります。

購入価格は通販サイトの楽天で税込み36,080円!

こちらは部屋干しの洗濯物をパワフルな送風と除湿で高速乾燥、さらにサーキュレーター、除湿器としても単独で使うことができるので、年中通してお部屋の環境を快適に保つことが可能です。

またIJD-I50も同じような機能を搭載しているため非常に人気があります。

今回はKIJDC-K80とIJD-I50との違いの比較や気になる価格、電気代などを本文にまとめました。

それではいってみましょう!

▼▼KIJDC-K80の最安値をチェックする▼▼

▼▼IJD-I50の最安値をチェックする▼▼

KIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機とIJD-I50の違いの比較は?

KIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機と同じくサーキュレーター衣類乾燥除湿機のIJD-I50の違いを比較しました。

KIJDC-K80とKIJD-I50の違い

①KIJDC-K80はIJD-I50に比べ価格が違う

②KIJDC-K80はIJD-I50に比べ除湿能力が8L

➂KIJDC-K80はIJD-I50に比べ排水タンクの大きさが違う

④KIJDC-K80にはまかせ自動運転機能が搭載

⑤KIJDC-K80はIJD-I50に比べ送風範囲が3.4m~3.6mまでアップ

①KIJDC-K80はIJD-I50に比べ価格が違う

KIJDC-K80とIJD-I150では価格が違います。

以下の比較表を参考にしていただけたらわかりやすいです。

KIJDC-K80IJD-I50
楽天市場36,080円(税込)楽天市場17,800円(税込)

KIJDC-K80の購入価格は税込みで36,080円となっています。

IJD-I50は税込みで17,800円となっており、機能面に差もあるため価格は10,000円以上安いですね。

②KIJDC-K80にはIJD-I50に比べ除湿能力が8Lにアップ

KIJDC-K80はIJD-I50に比べて除湿機能が5Lから8Lにアップしています。

そのためよりたくさんの洗濯物を乾かすことができるようになりました。

➂KIJDC-K80はKIJD-I50に比べ排水タンクの大きさが違う

KIJDC-K80はIJD-I50に比べて排水タンクの大きさが違います。

IJD-I50は2.5Lに対しKIJDC-K80は3.5Lと1Lも容量がアップしています。

メーカー調べでは4人家族の洗濯物を乾燥させても満水にならないとのことなので、排水タンクの水を都度捨てに行くような手間も省けますね。

④KIJDC-K80にはおまかせ自動運転機能が搭載

KIJDC-K80には「おまかせ自動運転機能」という便利な機能が新しく搭載されました。

何ができるのかというと部屋の湿度の状況から自動で除湿運転にしたり、自動で送風運転にしたりすることができます。

なのでおまかせ運転中は「快適な湿度」といわれる40%~60%を常にキープしてくれるので、カビやダニの発生が抑えられる環境になるのです。

⑤KIJDC-K80はIJD-I50に比べ送風範囲が3.6mまでアップ

KIJDC-K80はIJD-I50に比べ送風の範囲が3.4mから3.6mまでアップしています。

これにより横1列に並べた洗濯物も広範囲にわたって送風することができるので、よりたくさんの洗濯物を乾かすことができるようになりました。

▼▼KIJDC-K80の最安値をチェックする▼▼

KIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機を使ったときの電気代は?

KIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機を使ったときの気になる電気代を概算ですが計算してみました。

1日2時間の運転で30日間使った場合の目安ですが、約1,128円ほどとなります。

あくまでも毎日2時間使ったときの電気代です。

これだけ見ると決して安くはないのかなと思いますが、衣類の乾燥なら部屋干しでも「72分」という驚異的なスピードで乾かしてくれるので、使い方によってはもう少し安くなるとは思います。

ただしあくまでも概算であるということと、お住いの地域の電力会社によって電気代も変わるため目安として捉えていただけたらと思います。

KIJDC-K80とIJD-I50ならどちらを購入すれば良いのか?

では最終的に新商品のKIJDC-K80とIJD-I50ではどちらを購入したほうが良いのかということですが、

部屋干しがメインでより多くの洗濯物を乾かしたい、自動運転で部屋の湿度を適度に保ちたい」というのを希望するなら新型のKIJDC-K80を購入すれば良いと思います。

▼▼KIJDC-K80の最安値をチェックする▼▼

逆に「価格が安く自動運転はいらない」という人ならIJD-I50でも十分です。

▼▼IJD-I50の最安値をチェックする▼▼

機能重視」か「コスパ重視」で選べば良いと思います^^

KIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機の特徴は?

では最後にKIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機の特徴や基本情報を紹介します。

KIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機の3つの特徴

衣類乾燥機として使える

②除湿機として使える

➂サーキュレーターとして使える

KIJDC-K80の最大の特徴は上記3つのことを1台ですべてこなすことができるということです。

それぞれ詳しく見ていきましょう

①KIJDC-K80は衣類乾燥機(サーキュレーターと除湿機の同時運転)として使える

KIJDC-K80はサーキュレーター機能と除湿機の機能を同時に運転することで衣類乾燥機として使うことができます。

アイリスオーヤマのサーキュレーターといえば「パワフル送風」ですよね!

これに除湿を加えることで衣類乾燥機としての機能を果たすわけです。

イメージとしては部屋干しの衣類にパワフルな風をダイレクトに当てながらとりの、さらに除湿機で空気の湿気を取り除感じです。

これにより部屋干しの衣類の乾燥時間が驚きの「72分」と業界最速クラスを実現!

部屋干しの悩みである「1日経っても乾いてない」、「部屋が湿気で嫌なニオイになる」、「ジメジメしてカビが生えやすくなる

といった悩みもしっかり解決してくれます。

②KIJDC-K80は除湿機としても使える

KIJDC-K80は除湿器としても使うことができます。

除湿機としては年中使える「デシカント式」を採用しているので衣類の乾燥はもちろん、押入れの除湿やお部屋の結露対策、さらに浴室や脱衣所のカビ対策などにも役立てることができるのです。

適応畳数は「約20畳」と広く、「おまかせ運転モード」を使えば部屋の湿度が高いときは除湿運転、部屋の湿度が低い場合は送風運転に自動で切り替えてくれます。

一般的に部屋の湿度は40%~60%が快適といわれるますが、KIJDC-K80は常にこの範囲を自動で維持してくれるのです。

また湿度ランプも搭載しているので、部屋の空気が乾燥しているかどうかを知らせてくれるのもありがたい機能です。

➂KIJDC-K80はサーキュレーターとしても使える

KIJDC-K80はサーキュレーター単体としても使うことができます。

なのでお部屋の空気の入れ替えから冷房、暖房の空気を循環させることができるので季節に関係なく1年中使えるのが嬉しいポイントですね!

まとめ

では今回KIJDC-K80サーキュレーター衣類乾燥除湿機とIJD-I50との違いなどを比較しました。

価格はIJD-I50と比べると10,000円以上アップしますが、除湿能力の大幅なアップで部屋干し衣類の乾燥も業界最速の「72分」という圧倒的なスピードは注目です。

またサーキュレーター、除湿器としての機能も高いためこれからの季節にはもってこいの商品になりそうです。

機能面ではやや劣りますがIJD-I50なら価格も10,000円以上安くなるし、まだまだ人気もあるのでこちらもお見逃しなく!

▼▼KIJDC-K80の最安値をチェックする▼▼

▼▼IJD-I50の最安値をチェックする▼▼

PS

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる キャンペーンをやっています^^

楽天市場なら今回の商品が実質2000円安く購入できる上に 3000円分さらに追加でポイントがもらえますよ。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん コンビニやドラッグストア 飲食店など街中でも使えます。

この商品を手に入れて、さらに3000円分 買い物ができるのでとてもお得ですよね。

また楽天カードを持っていると 今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます !

↓↓ >>楽天カードを無料で作り商品をお得に購入する<< ↓↓

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!